花粉症には、漢方薬のタウロミンで大分症状が緩和されてきました

花粉症と言われても「へ~大変だね~」なんて言っていた私が、3年前から急に花粉症になりました。私の場合、くしゃみと鼻水がすごくて、下を向いたら鼻水が垂れてくる状態に・・・。ティッシュを両鼻に突っ込んっでマスクをして隠していても、すぐにティッシュを取り替えないといけないくらいひどいものでした。そこで知り合いに相談して教えてもらったのが【タウロミン】です。どこのドラッグストアや薬局に売っているというわけではないので見つけたら買っています。小粒と大粒の2種類ありますが、私は大粒の方を飲んでいます。(小粒の場合数を多く飲む、大粒は少なくていい)漢方主体なので年明けて1月くらいから飲み始めると花粉のピークの2月末から4月くらいまでは乗り越えられました。また一応規定量は決まっていますが、すごくアバウト(笑)で、症状がひどい時は3倍量まで増やしていいとなっているので、面倒くさがりの私は、瓶をひっくり返して瓶の蓋に適当に入った数の量だけ飲んでました(笑)。長年飲まれている方にお話を聞くと、年中飲まれているそうで、花粉終了~年末までは1~2粒ずつ毎日飲んで、年明け~花粉時期までは量を増やして飲んでおられるそうです。このタウロミンは肌の調子も良くしてくれるので、私はできていたニキビが治ったりもしました。鼻炎薬だと副作用で眠くなったり、喉が渇いたりしますが、このタウロミンはそういったものはありません。花粉症に悩まれている方はぜひ一度試していただきたいです。

花粉症で蓄膿症に漢方薬が効果あったお話

母が、一時ひどい花粉症になりました。
お茶がいいと聞けばお茶を、サプリメントがいいと聞けばサプリを、ヨーグルトがいいと聞けばヨーグルトを、片っ端から試していました。しかし、お茶はやはり水分なので、飲む料にも限界が。サプリメントも効果が出ているのかどうかわからない。
ヨーグルトは冷えるし、体質に合わないようで、体重が増えてしまったり。
どれも思うように効果はでず、面倒くさくなったのか、結局数年は「窓を開けない」「なるべく出かけない」「洗濯物は室内干し」といった防御策だけになっていました。あんなに好きだった庭いじりもできなくなり、庭はすっかり自然の状態に。
それでもやはり毎年辛い思いをするのはしんどいのか、情報は常に集めており、ある程度自分向きのアイテムを絞ったようで、動物性ではなく、植物性乳酸菌の多い醗酵食品の摂取につとめていました。お漬物や味噌、納豆など、摂る時に塩分が気になる食品も多いですが、体重コントロールという点ではあっていたようですし、そのおかげか、一時程の強烈な反応はなくなってきました。
ただ、蓄膿症にもなっていたので、一年中、鼻がグズグズ、就寝時は鼻がつまって苦しい、頭痛がするなどの症状を訴え、よく寝込むように。そこで私がたまたま調剤薬局で聞いた漢方薬を試すように。すると、蓄膿症の症状はほとんど改善され、気づけば花粉シーズンもそれほど反応が出なくなってきました。
今では、マスクなどの対策はしていますが、自転車で出かけたりお花見も行けるようになったようです。
今思えば花粉症が引き金となって蓄膿症となり、次の花粉の時期に更に悪化し、というのを繰り返したように思えます。
花粉症時期の後のケア、そして年間を通してのケアが大切なのでしょうね。

ハーブティーで花粉症を撃退

社会人になって数年目のときに突然発症した私の花粉症。

それまで花粉症の人を横目に「かわいそうに」と他人事だった私。
それがその年から急に発症!

この大変さに驚き、
これまで他人事だった自分を反省しました。

色々良いと言われているものを試しましたが、
私の場合はハーブティーがとても体質にあっているようです。

特におすすめは「ネトル」と「ペパーミント」、そして「エルダーフラワー」。
ティータイムのコーヒーや紅茶の代わりに
これらのハーブティーを飲んでいます。

ネトルはヒスタミンという成分が含まれており、
これが花粉症をはじめとするアレルギーを鎮める作用があるとか。

貧血や血をきれいにする作用もあるそうです。

味は緑茶っぽいようなマイルドな味。
単品でも飲みやすいですし、
ブレンドしても他の味と調和してとても飲みやすいです。

ペパーミントは言わずと知れた薄荷の香り。
これが鼻づまりをすっきりとさせ、
ぼんやりとした頭や目をすっきりとさせてくれます。

ペパーミントティーは飲むだけでなく、
蒸気をかぐことでも
鼻づまりを緩和してくれます。

これ単体でもミントが平気な方には
おいしく飲めますが、
苦手な方にはブレンドがお勧めです。

先述のネトルとブレンドすると飲みやすくなります。

ただし、ペパーミントは小さい子には少し刺激が強いので
避けた方が良いかと思います。

エルダーフラワーは海外では風邪によいとされています。
発汗を促し、毒素を排出する作用があるので
花粉症によってつまった鼻や目の滞った感じを
すっきりとさせてくれます。

エルダーフラワーはマスカットのような
ほのかに甘いフルーティーな味が特徴。
ハーブ専門店などにはシロップのようになっていたり
ジャムとして販売されていることもあります。
やさしい甘さが癖になります。

ハーブティーは花粉症の症状の出る1,2か月前から
定期的に飲むと予防としての効果を感じやすいです。

おいしく、しかも自然なもので
花粉症対策できるので好きです。

花粉症にはテイトリー

ここ数年でアロマセラピーの認知度が高くなりアロマ効果を実感されている人も増えているのではないでしょうか?
私がおすすめしたいのはその中でも「ティトリー」です。
殺菌効果が優れているので空気を洗浄する効果があるだけではなくアレルギーを鎮静してくれる効果もあるのです。
また、風邪、インフルエンザ対策にも使えます。
私は精製水に対しティトリーを1%の濃度で薄めて霧吹きに入れて部屋の臭い消し、マスクの上からシュッとかけてあげるだけてスースーして気持ちいいし花粉症対策として使用しています。
花粉症に悩まれている方もこの方法で鼻の通りがよくなるから楽になると言われました。
私はティトリー&ペパーミントをブレンドしています。
更に清涼感がアップしますので鼻の通りがより良くなります。
もちろん100%純正な精油を使用してください。
安い物だと化学物質が混合されている場合があります!
臭いは直接大脳を刺激しますので逆に身体を害してしまう場合があります。
ハーブは自然な植物ですから小さなお子さまがしらっしゃる家庭でも安心して使うことができます。
花粉症だから薬を使用して症状を抑えていた方も多いのではないでしょうか?
長年薬を使うよりも自然な物を取り入れてみてはいかがでしょうか?
健康的は身体を手に入れるにはまずデトックス=肝臓を丈夫にしましょう!
デトックスをすることでアレルギーにならない身体づくりをしませんか?
そして辛い花粉症からおさらばしましょう!

ヨガをして花粉症が治った

・私は小さい頃からアレルギー性鼻炎があり、またアトピー性皮膚炎に悩まされていました。成人して仕事についてからは看護師のお仕事で夜勤が月に6回あり、生活リズムが乱れたこととと腫億生活が乱れたことにより免疫力が下がり花粉症を発症しました。毎年春先、秋先に鼻水やかゆみ、目の充血に悩まされていました。

まずはストレスを無くすこと、夜間の寝付きをよくし十分な睡眠を確保すること、食生活を整え、なるべく添加物や金属が体内に貯留しないことを目標に、ホットヨガを始めました。

ホットヨガでは毎回1L以上の水を飲み、ヨガのポーズでストレッチをすることにより多量の汗をかきます。また瞑想をして沢山の情報を整理し頭の中をスッキリさせたり、幸せな感覚をより味わったり、1時間大きく動くことで夜の寝付きがとてもよくなりました。ヨガで身体があたたまり多量の汗をかくので、吸い込んだ悪い空気や花粉、身体に蓄積した金属や添加物や毒素など悪いものは全て体の外に出るようになり、体内循環がよくなり水をとることで身体か軽くなっていきました。

また私は仕事終わりに毎回ヨガに通うようになり、すっかりストレスはとれ、ヨガの最中はいい香りの中で筋肉を伸ばしリラックスでき、また体幹の筋肉を始め四肢の筋肉がつくことで代謝もあがり、また深く深呼吸する習慣が身に付き、循環器の活動もよくなりました。排泄機能も高まったこと、循環器の活動もよくなったこと、筋肉がつき姿勢もよくなってきたことで疲れにくい体になり、免疫力もあがり、風邪をひかない身体になりました。おかげさまでここ2年は夜勤を月に6回やっていても、風邪を1回もひいていません。またご飯もおいしく食べられるようになり、お菓子や砂糖の多いもの、油の多い物などを積極的に食べたいと思わなくなったため、健康的な食生活となりそのおかげもあってすっかり花粉症は治りました。また持病であったアレルギー性鼻炎やアトピーもなくなり、透き通るような肌になり、姿勢もよく、常に疲れにくい身体になりました。

ヨガをしてストレスがなくなること、何事も幸せだとすぐに感じられるようになったこと、五感が働きやすくなったことが何よりの原因だと思います。本当にヨガは効果があったのでお勧めです。

花粉症がカテキン(緑茶)で治った

毎年、ひどくなる花粉症でした。ティッシュを抱えての毎日。鼻水も止まらないし、常に涙目ですし、とにかくかゆいかゆい。
お客様がたくさんいらっしゃる接客業についているので、花粉の時期はとてもつらく、仕事どころではなくボーっとしてました。本当に花粉症がなくなればいいのに。毎日そんな想いです。

ある日、わたしの花粉症を心配されたお客様から、花粉症にはカテキンがよい。緑茶を飲むとよいと聞き、半信半疑ならがも緑茶を飲むことを試してみました。飲んでいた緑茶は主にコンビニのパックのお茶。朝昼晩、ずっと緑茶です。1リットルのパックを1日中ずっと手元に置いておく感じで、これでこのつらい花粉症がなおるのなら、と来る日も来る日も緑茶を飲みました。

そして、1か月くらいたったころでしょうか。
すっかり花粉症の症状がでなくなりました。またかゆくなると困るので、そのまましばらくは緑茶を飲むことをつづけていました。やがて花粉の時期が終わり、そのことはすっかり忘れていたのですが、また翌年、花粉の時期になりました。周囲はみなティッシュを抱えています。

けれども、わたしは花粉症の症状がでません。まさか、まさか。あのコンビニのお茶たちで花粉症が治るとは!通院、投薬もしており、忙しい春の時期に、時間を割いて通院して、必死に薬を飲んでいたのも嘘のよう。それ以来、もう5年。花粉症は出ていません。カテキンが花粉に勝った?

教えてくれたお客様が誰だったのか忘れてしまったけど。ありがとうございました。

花粉症はヨーグルトとサプリメントで対策をしています

私は、今36歳ですが5歳くらいのときから花粉症を患っています。最初は目がとにかく痒い、鼻水、くしゃみが止まらないなど苦労しました。母が病院に連れて行ってはくれましたがそんなに改善されず苦しい想いばかりでした。年頃になり」
高校生まで便秘症だったので、まず便秘を改善させるところから始めようと宿便が取れるサプリメントを服用し、そのころニキビにも悩んでいたので、ヨーグルトを食べていました。高校を卒業して就職したあたりから花粉症とニキビが落ち着いてきたように思います。小さいころからお付き合いしていた花粉症。まだ完全に治ってはいませんが・・・
でも、自分の体質何の花粉に反応していたのかなどだいぶ分かるようになってきました。腸をきれいにするということは健康の近道のようなきがします。
今も宿便サプリとヨーグルトを取っています。体質は遺伝からもきているので子供も特に上の子はアレルギー体質です。でもヨーグルトが大好きでいつもきな粉をかけて食べているので便秘が解消されてます。赤ちゃんのころは、3日出なくていつも可愛そうだったので・・・それと水をよく飲む子です。ヨーグルト、水、きな粉は腸にいい食べ物ですよね。
下の子は、旦那に体質が似たのか赤ちゃんのころから改便で今のところ好き嫌いもなくまたまた上の子と同じようにヨーグルトときな粉の組み合わせでいつも絶好調です。
わたしは、杉花粉にしか反応しないので桜が咲く前からマスクをして外側からも防御しています。

水切りヨーグルトで対策をしています

暖かくなり始めると、毎年悩まされていたのが花粉症でした。朝起きたときから、鼻がムズムズし始めて、体が温まってくると鼻水が止まらなくなってしまっていました。どうしたらこの症状が改善されるのだろうかと、リサーチしてみました。すると、乳酸菌が効果があるという話を目にしました。乳酸菌といえばヨーグルトだと思い、さっそくスーパーでヨーグルトを購入してきました。どのくらいの量を食べたら自分の体に効果が出るのかわかりませんでしたが、たくさん食べたほうがいいのかと思っていました。1パック400グラムから450グラム入りのものが多いのですが、400グラムから450グラムのヨーグルトをそのまま食べるのは、結構量が多くて、食べきれないなと思いました。そこで、ヨーグルトを水切りすることにしました。ボウルの上にざるを乗せて、その上にキッチンペーパーを敷きます。そこにヨーグルトを1パック分出して、ラップをかけて半日冷蔵庫の中に入れておくと、水切りできます。ヨーグルトは水切りすると、かさが減り、味も濃厚になるので食べやすくなると思います。400グラムから450グラムのヨーグルトを水切りしたものを毎日食べ続けました。すると、1か月ほど経ったころ、効果があらわれてきました。朝起きたときに、鼻がムズムズしなくなっていたのです。体が温まってきても鼻水が流れ出すということもなくなりました。ヨーグルトが花粉症の症状を緩和するのだということを実感しました。私の個人的な感想ですが、そのまま食べるよりも、水切りヨーグルトのほうがおいしさが増して食べやすいと思います。

花粉症にバラ科の甜茶でデザートを作っています

花粉症の時期になると店頭でも『甜茶』を勧めるコーナーがあるほど注目されているので、効果大の飲み物だと思います。
花粉が飛び始める1ヶ月前くらいから毎日カップ1杯は必ず飲むように心がけています。
『甜茶』の『甜』に『甘』という字が入っているだけあって、独特な甘みがあります。
この甘みがちょっと苦手な方もいるようですが・・・
天然の甘みなのでカロリーが高いお茶というわけではないですし。
ノンカフェインなので、寝る前に飲んでも大丈夫!!
寝る前に飲むと、翌朝、鼻水のつまりが少ないように感じます。
また、数年前までは花粉症の時期になると喉を痛め、声が出なくなることもあり、耳鼻咽喉科に通わなければならないほどでしたが、ここ数年は喉が痛くなることもいつの間にかなくなっていました。

甜茶の味に飽きた時は、好きな香りの紅茶の茶葉と一緒に煮出して飲んだり、すりおろした生姜を少し加えて飲んだり、牛乳や豆乳を加えてみたり・・・風味のアレンジを楽しんでいます。

甜茶の甘みを利用して作る“甜茶ゼリー”もデザートとして嬉しい一品。
~材料(2人分)~
●ふやかしたゼラチン5g
●煮出した熱い甜茶・・・300cc
~作り方~
甜茶にゼラチンを溶かし混ぜ、容器に入れて冷蔵庫で冷やし固めて出来上がり!
ミルクをかけて食べるのも美味しいですよ。

数年前から薬に頼らなくなったのも甜茶エキスのおかげかもしれません。
※甜茶もいくつか種類がありますが、花粉症に効果的なのは『バラ科』のものがいいようです。

甜茶は私も飲んでいます

私は一年を通してアレルギー性鼻炎なのですが、次男は花粉症になりました。現在大学生なのですが、症状が出始めたのは中学生の頃だったんです。春になるとかなり酷くて授業中が辛いと言うので、インターネット等で何か良い物はないかと探していた時に甜茶というお茶を見つけたのです。個人差はあるようですが、症状が軽減されたり改善された人が多いと知り、お茶なので身体にも悪影響がないと思い買って試してみたのです。息子は最初は半信半疑だったのですが、しばらく飲み続けているうちに症状がかなり軽減されてきて楽になったと、とても喜んでいました。それ以来、花粉症の時期が来る少し前から甜茶を飲むようにしているので、かなり楽に花粉症の時期を乗り切ることができています。こういうお茶は飲みにくかったりすることも多いのですが、この甜茶は味も美味しくて飲みやすいので息子も気にならないようで、たくさん飲んでいます。もちろん、病院に行って薬も貰っているのですが、この甜茶を飲むようになってからは、あまり病院の薬を飲まなくてもいいようになり、私も息子も喜んでいます。このお茶を飲むまでは仕方がないと病院の薬を常用していたのですが、やはり病院の薬に頼らずに症状が軽減されたり、改善されるほうが良いので、とても助かってします。効果に関しては個人差があるようですが、息子にかなりの効果があったので花粉症で困っている友達にも教えてあげたのですが、お茶なので試しやすいし、友達も症状が軽減されたと喜んでいました。

私もお茶で体質改善を図っています

花粉症歴25年のベテランです。巷で良いというものは次々と試してきました。結果、花粉症が軽くなっただけでなく、健康的にダイエットまでできました。花粉症の時期だけでなく、1年間を通して少しずつ生活を見直していくのがおすすめです。あまりストイックにやるとダイエット同様リバウンドが訪れてしまったりするので、ゆるく取り入れて習慣化してしまうことです。まずは食べ物から。一口で言ってしまえば、和食が1番です。洋食や中華は自宅で調理するなら、油を変えて下さい。手に入りにくいものは結果続かないので、スーパーで普通に売っているオリーブ油で十分です。最近は加熱用のクセのないタイプがあるので、そちらを使えばどんな料理にもオールマイティーに使用できます。アレルギーに良いとされる飲み物に、べにふうき茶、甜茶、凍頂ウーロン茶などがあります。シーズンの時だけでなく1年を通して飲むと効果的です。そして、運動。冷えとアレルギー体質は密接につながっています。めぐりを良くすることを心がけましょう。毎日歩くことが基本です。そして、日光を遮断しすぎないこと。1日15~30分は日光に当たることが大事です。ビタミンDの合成のためです。そして、最後に。花粉シーズンに入って症状が出てしまったら、我慢せずに病院で薬を処方してもらうことです。軽いうちなら体に負担のかからないタイプの薬で十分効果が出ます。それから、外出時にマスクをしている方はよく見かけますが、寝るときは無防備だったりするのでは?就寝中のマスクは粘膜の保護と回復に良いのでおすすめします。花粉症はつらいものですが、自分の体と向き合う良いきっかけでもあります。どうせなら、心地よく、より健康になれる機会だと思って付き合うのがコツかと思います。

私が愛飲しているのは『甜茶』というバラ科のお茶です。

キッカケは医学的にも効果あると言われてると聞いたので試してみました。
味は甘いです、舌に残る甘さですね。
正直好き嫌い分かれるかもしれません。私はこの味好きだと思ったので飲み始めました。
以前、コンビニで紙パック飲料として売られてるのがあったのですがそっちは味があわず自宅で作ることにしました。
ドラッグストアでティーパックで売られてるのを購入しています。
作り方は割と適当で大きめのコップや水筒にティーパック入れてお湯を注いだら色が濃く出るのを待ちます。
その方がエキスが抽出されて効果があるようです。
甜茶ポリフェノールという成分が花粉症の症状を緩和するらしいです。
飲み始めたタイミングは2月中旬からで朝1杯、あとは水筒に入れて会社でも飲んでいます。
なので量としては1日コップ3~4杯くらいでしょうか。
基本、温かい状態で飲んでます。冷やしてもいいそうですが冷え性対策も兼ねて。
一気にガバガバ飲むと逆に体に悪そうな予感もしたので、1日の中で分散して飲んでいる感じになります。
で、効果なのですが、鼻のムズ痒さはほとんど無くなりました。
外歩いていてもちょっと痒さを感じる時はあったもののマスクは必要ないですね。
洗濯物も外に干してますが特に気にならないです。
薬に頼るとお金もかかるし、ずっと服用してると体にもそんなに良くない感じもしたので
何かないかなと思って見つけたのがこのお茶です。
苦もなく普通に作って飲用するだけで症状が緩和されたので良かったです。

花粉症の症状を改善する方法。体内環境をよくする?

私の場合、3月から、4月一杯まで、辛い花粉症で悩まされています。病院の薬や、市販の薬では、よくなることはなく、鼻水は一時的に止まるのですが、その代わり、のどがからからに渇いてしまい、食欲があまりわかない日が多々ありました。しかも、花粉症の症状は、その時その時で変化するもので、鼻水があまり出ない代わりに、目の中やその周りのかゆみがとまらなかったり、市販の薬が、自分に合わなかったのか、唇が真っ赤になって、腫れてしまい、特に、熱いもの、塩からいもの、刺激のあるものは口にできず、本当につらい日がありました。また、寝るときは、鼻水が鼻の中でたまって、息ができず、苦しんだこともありました。外出の際、メガネの時は、風が吹いていると、花粉の症状はかなり、きつくなりますので、この時期は、メガネの時よりも症状が軽くなるコンタクトをするようにしています。このように、辛い花粉の症状も、最近は、体内改善特を心がけ、腸内環境を整えてからは、花粉の症状がよくなる傾向がでてきています。腸内環境をよくすると、体内の免疫力が向上し、花粉の侵入を撃退してくれる力が備わってくるそうです。私が、毎朝実行しているのは、ヨーグルトを食べて、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やして、腸内を整え、便秘を解消したことで、花粉症の症状が軽くなってきました。病院や市販の薬で、どうしてもあわず、改善策を見つけられず、悩んでいるときは、まず、体内改善がおすすめです。

自分が花粉症なので、子供もなるのではないかと不安になる

花粉の季節になるとずっと快調では無い状態が続くのでそれがとても苦痛です。朝は特に目がモゴモゴとしたり、喉が詰まったように感じます。鼻の詰りは常にあるのですが家ではいいですが外出先では鼻を思いっきりかむのは恥ずかしさもあり、かみにくいので余計に鼻が詰まったままになります。
朝化粧をしても目をこすったりしょっちゅう鼻をかんだりするのであまり意味がないように思います。そのこともなんだか不快です。鼻水が不意に垂れることがあるので、それを隠すためにも、それに勿論花粉予防にもマスクは欠かせないのですが、場面によってマスクがしにくい状況になることもあるのでその時はより辛いです。マスクをしていても長時間していると耳の後ろが痛いのも嫌です。
車の運転時にはクシャミをすると一瞬ですが目をつむってしまうので気を付けないといけないなと意識します。 
そして自分の辛さもあるのですが子供がいまして、子供たちはまだ花粉症の症状があるように思えないのですが、少しでも鼻水が長く出たりすると、花粉症か!?と気になるし、私が花粉症である以上遺伝的に子供たちも花粉症になりやすいのかなと思うと、辛いですし申し訳なく感じます。
花粉症は長期間付き合っていかないといけないので今年がおさまってもまたやってくるのか、、と思うとうっとおしい気分です。天気が良ければ洗濯もして外に干したいし、布団も干したいのですが花粉が付くことを考えるとそれもしにくいのも嫌だな。とよく思います。